梵天丸

闇の中にまたたく光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なうしか~に見る人類補完地球浄化すかぽんちん結社

20100301185850
最近、風邪の谷のなうしか、原作まんが本が売り出し中ですが。

アニメ映画のなうしか。監督は原作の駿先生。
制作会社はアメリカのアニメ映画「指輪物語」を作った「トップクラフト」

じぶりじゃないの、なうしか。だからじぶりの森にはオームも巨神兵もいないのか。単に、グロいから?

さて陰謀論的な組織が物語の核心に存在する原作まんが。

やらせはせん。なうしかも、やらせはせん!
すかぽんちんサンだって、良かれと思って地球連邦を建設してるんです。歯止めの効かない環境破壊、紛争。そして文明崩壊。地球滅亡。自作自演が収拾不能に。
「とるべき道は いくつも なかったのだよ」「時間がなかった 私達は すべてを未来に たくすことにした」
目玉が付いたピラミッド。頂上が平らでドル札のアレにそっくり。旧世界(極限に発達した科学技術文明)のテラ・リフォーミング&人類改造・交換計画本部ビル。


20100228174821



一度通して読んでみると駿さんの思想的背景に何か感じるはず。




●駿さん作品履歴

太陽の王子ホルスの冒険

パンダコパンダ

アルプスの少女ハイジ
ルパン三世カリオストロの城

未来少年コナン

名探偵ホームズ

風邪の谷のなうしか

~ラピュタ…以降おなじみの、じぶり作品。

あと、絵本になるのかな、「シュナの旅」とかも、世界を支配する武装バイオ穀物メジャーモン3ト社vs田舎侍シュナ(もものけ姫アシタカ風)穀物が不妊種子だけの世界で「生きた種」を求め果てなく彷徨う…そして、やらせはせん!的な物語。

なんだかオカルト色が濃厚なモチーフばかりですが。ハイジですら奴らの総本山の、美しいが陰惨な国家へのアンチテーゼかと穿った見方をするのはいけませんか…ともあれ見事な娯楽作品に仕立てる手腕は確か。

なうしかの映画配給権で、デズニーさんと取り引き後、暴露ネタを控えるようになった感じがありますが。

漫画全編を貫く「友愛」が日本を世界を救う!はず。

20100301185033





ジブリの由来ってサハラ砂漠からの風「ギブリ」を駿さんが勘違いって話。
本当はガブリエル→イスラムのジブリールかもな…ガブリエルさん、作中のなうしか(使徒)みたいだもん。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/01(月) 16:33:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<30年前に死んだじいさんが | ホーム | なんとついに!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karashishimaru.blog100.fc2.com/tb.php/8-ffb484f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。