梵天丸

闇の中にまたたく光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あなうれし

毎日僅かな玄米と味噌と野菜を頂き

熱い湯だけで頭から体まで洗い、皿洗いも熱い湯で

洗濯には少し石鹸を使うけど

太陽は洗濯物をふんわりと暖めてくれる

車がどうしても必要ならお借りして。

相方との心豊かな暮らしに本当に必要な物は、世界中から分けて頂いた僅かなものだけ。
これを知る庶民は少ないようで過半数を越えているのではと実感する昨今。

みな感謝と楽観視で

気の毒な電波芸者に対しても彼らは彼らの生きる道と見守って

たくましい庶民は大地そのもの。大地に感謝しないで王がひとり栄える道理なきは、王自らが周知の事

よき民はよき王を頂く道理、いかに時がかかろうと必ず王道楽土を築き上げるは、人の子らの使命なりと悟れば
末代までの幸福に身を投じるがこれ最大の幸福。

ありがとうございますた。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/04(木) 22:56:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんとついに!! | ホーム | TOWER~災いのしるし的な>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karashishimaru.blog100.fc2.com/tb.php/5-4f6b4da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。